昼間のセント酒を見て昼からビール

土曜日の深夜にテレ東でやってるドラマ「昼間のセント酒」が楽しいだ。
戸次重幸演ずるさえない営業マンが、仕事の帰りとか営業先ほどとか
はたまた仕事中に、風呂を見つけて混じる・・・
ただそれだけのドラマです。
戸次氏ってフォルムいいんですね。
細筋肉質というか、マッチョだけどボディビルダーのようではない
ほどよい細さというんでしょうか。
ドラマとはいえ、毎度丸見えでお湯に入って、
心から幸せそうな顔つきをする・・・・見ているココまで幸せに向かう。
風呂の時がゲームですから、みーんな裸です。
映っちゃいけないゾーンを押し隠すのはフォトグラファーにおいて一大営業だと思うのですが
(企画不運にする意義にいかないし)
その割合が絶秒というか、断じてわざとらしくない、それでも安心してみていられる
そんな感じだ。
東京のありとあらゆる風呂が出てくるので、そのフィーリングがしばしばわかるし
行きたくなりますよね。
調べ調べって感じだ。
スーパー風呂にはない、昭和的風向きが静穏を与えていただける。
そうして、風呂に入ったあとのビール!!
店探し出しから始まって、ふらっと入ってきゅっと豊富。
その瞬間の至福の顔がたまりません。
いいなあ。
風呂といったビール。これぞ邦人の心待ちだよなあ。
それほど思いながら見ていると小6の幼児が私の耳元にささやくんです。
「夫人、飲みたい?お酒飲みたいでしょ?ね?」って
「否・・特に」
「それでも飲みたいでしょ。飲んだら?飲んでもいいよ」って
父親も言ってくれないようなきめ細かい、悪魔のささやき。
「ええ・・・」
すると、何となく目の前にビール。
そうして週末の真昼間のビールづくしが始まっちゃう。
なんでに幼児がこんな事をいうのか。
当然、夫人に怒られない結果。だって寝ちゃうからね。LINEqrコードを掲示板で交換するなら